読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLの婚活にまつわるあれこれ

結婚相談所や合コンなど、婚活に関わるような話題メインでお話しします。

恋愛工学本の『ぼくは愛を証明しようと思う。』を今更読んだ

こんばんは、ハナです(^ ^)

 
ものすごく今更なんですが、色々と話題になっていた下記の本を読んだので感想でも書こうと思います。

 

ぼくは愛を証明しようと思う。

ぼくは愛を証明しようと思う。

ざっくりなあらすじですが、もてない主人公(男)が女と効率よくセックスするための恋愛工学というメソッドを学び、不特定多数の女を惹きつけセックスをしていく…というものです。
小説仕立てではありますが、たくさんのモテるための手法が紹介されており、男版モテの教本という感じでしょうか。
 
本の中で紹介されている手法の大体はどこかで見たことがあるようなもので、特に目新しいものはない印象です。
過去に検索エンジンで、『モテる 手法』『ナンパ 方法』『好きな人 振り向かせる』などで検索した経験がある方は概ね知っている手法が紹介されていると思います 笑
手法自体は変なことは言っていないので、確かにこれを実践していけば、不特定多数の女を釣れる男になれる気がします。
男性だけでなく、女性も使える手法もたくさんあると思います!
 
前述の通り手法については確かに有用だなと思うものの、彼女がいようが不特定多数の女とセックスをするのが正しいといった思想?は私は受け入れられないなーと思いました。
女に一途な時はモテず、手法を学んだ後の不特定多数の女と関係がある時の方がモテているのだから、不特定多数の女を釣ることは悪いことではない、本当は女が望んでいることだろ?といった匂いが感じられるのですが、これも私は受け付けられないです。こういった手法で女性を手玉にとる男性へのエールでしょうか。

ただ、手法自体は使えると思うので、人と付き合うフェーズに行けない。。という方は試してみるのはいいと思います。
個人的には、彼女が出来た後も他の女達を釣るような人にはなって欲しくないですが。。

本の中で主人公は女をルックスだけで判断しどんどんルックスのいい女をものにしていくのですが、女性でもお金がある男を次々に利用するような方がいるので、どちらが上手なのか恋愛工学実践者と戦った結果を見てみたいですね 笑
 
 この本は、悪い男に引っかからないようにと友人に勧められたのですが、本の内容をセリフまで同じに実践している男性に何人か心当たりがあり、おもわず笑ってしまいました。