アラサーOLの婚活にまつわるあれこれ

結婚相談所や合コンなど、婚活に関わるような話題メインでお話しします。

色々あった無痛分娩での出産

こんにちは、ハナです。
今更ですが、出産について書こうと思います。

私は無痛分娩で出産しました。
痛みに弱いわけでもないのですが、しなくていいならしたくないという気持ちと、あまり私の周りがやってないことを経験してみたい気持ちでなんとなく無痛分娩を選びました。

私が通っていた産院は半分以上の方が無痛分娩を選んでおり、麻酔の先生の評判も良いところでした。

そこは基本的には自然な陣痛が来たあとに麻酔処理を行う方法を推奨していました。

が、私は予定日過ぎても中々うまれる気配がなく、やむなく入院して陣痛促進剤等を使っての無痛分娩となる予定でした。

入院予定日の朝、しばらく家を空けるため夫に作り置きを作っているとなんとなーくお腹が痛くなりました。
その後も家事をこなしつつ腹痛が強くなってきたので陣痛かな?いや、こんな痛くないわけ無いだろwと陣痛の線を排除して電車で入院のため病院に向かいました。

病院についたら、外来フロアで内診後に入院フロアに移動だったのですが、外来が激こみで一時間ほど待つことに…
その間普段の生理痛を遥かに凌ぐ痛さになったのに混んでいて陣痛が来ていることを申し出ることができず、内診してもらう頃にはかなり子宮口が開いていて、すぐ麻酔の処置をしてもらうことになりましたw

で、麻酔の処置自体はちょっと管?が通っているなと感じるくらいで全然痛くなかったです。
しかし、結構な確率であるらしいのですが、麻酔を入れると陣痛が遠のいてしまう現象が私にもおこり麻酔を一旦やめて部屋に返されました。
助産師さん曰く、「陣痛遠のいていたくないと思うから、一晩リラックスして過ごしてくださいね」とのこと。

しかし、部屋に返された直後、つまり麻酔が切れたあたりから陣痛がめちゃくちゃ戻ってきました。
本当はすぐにでも麻酔を入れてほしい、でも初産のためこの痛さが本当に麻酔を入れるのに値するのか、まだまだ序の口なんじゃないか…そう迷い一人で耐えること一時間…陣痛の感覚が3分を切ったので流石にそろそろいいだろうとナースコールをしました。

しかし、一向に誰も来てくれません。
一人で更に一時間くらい耐えたところで、出産ラッシュでなかなか来てくれなかった助産師さんが来て下さり女神に思えました。

分娩室にうつり、内診してもらったところ子宮口全開でもうすぐ産まれるかもとのこと。

あ、やはりこの痛さは結構終盤の痛みなのねとほっとしつつ、あまりにも痛いので早く麻酔を…との気持ちでいっぱいでした。

助産師さんに、もう麻酔が効きますからね!よく我慢しましたね。と言われながら、病院到着後に処置したところから麻酔を入れてもらう。

あぁ、これでようやく楽になれる!と思ったのに一向に痛みが引きません…

慌てる助産師さんをよそに先生が来て
「どうやら、ハナさんは背骨の一部が歪んでいるようで麻酔が正しく入ってないです。打ち直します。」と。

陣痛に耐えながら麻酔を打ち直してもらいました。
しかし、2回目もうまく入らず3回打ち直してもらったのですが、上手く入っている確証はないとのこと。

先生が夫に「もう陣痛も進んでいてこれ以上の打ち直しはできないので、このまま痛みありでいこうと思います」と話しはじめ、絶望に打ちひしがれました。

しかし、痛がる私の姿を見て先生が90分だけ絶対効く麻酔を打ってくれました。
痛すぎてその90分の麻酔が何なのか、なぜ90分しかだめなのか、などなど全部覚えてませんw

その麻酔を打ってもらうと息をするのも辛いくらいの痛さが嘘のように引きました。
その時の私は
「90分しかない、なんとしても90分で産むしかない」ということで頭がいっぱいでした。

しかしながら、やはり麻酔が効いてると陣痛も思ったように進まず前半は進捗なし…
後半、麻酔がきれてくるにつれて陣痛も一気に進みました。
それでも麻酔が完全にきれる前に産みたい一身で懸命にいきみ、程なくして無事に第一子が産まれました。

正直最後の方はすごく痛かったし麻酔はおそらくきれていたのでは?とのことでしたが、いきむのに必死で痛いけどそれどころじゃないという感じでしたね…

文章にすると暴れてそうですが、病院についてから最後まで八方美人の私はとても落ち着いてるように見えたと思いますし、イレギュラーなことがあったのに初産とは思えないほど冷静でしたねと実際言われました。

ようやく病室に帰れる!と思いきや、全く足に力が入りません。
どうやらお腹に効くはずの麻酔はすべて足に入っていたようでそのまま分娩台の上で夜を明かすことになりました。
歩けるようになったのは半日後でした…

分娩台の上で一人休んでいると、お隣で分娩が始まり、スタッフの皆さんがバタバタされていました。

しかし、私には気がかりなことが2つありました。

1つは、腰あたりに神経に触れているような痛みがあること。
陣痛とは方向性が違いますが、かなーり痛いのです。
でも忙しそうだしな…とお隣の分娩が早く終わることを願っていました。

もう1つは尿で膀胱がパンパンなことですw
結局分娩が終わるまで数時間我慢をして気がつけば6時間くらいたち、寝ずに朝を迎えました…

お隣のご出産を心から祝福しつつ、スタッフの方に痛みについて申し出たところ、もともと打っていた麻酔の管が神経に触れていて痛いとのことで管をとってもらうと痛みがなくなりました。
余談ですが、神経に触れていたためこっちの麻酔は何度打ち直しても正しい場所には入らなかったようです。
※関わってくださったスタッフの方ほぼ全員にうちの先生は麻酔が上手でこんなことは初めてだと言われましたし、先生のせいではなく私の背骨の歪みとギリギリまで陣痛を我慢してしまったが故に痛みで上手く麻酔を入れる体制をとれなかったせいです

尿については、歩けないため管を入れてとっていただきましたが、びっくりするくらい溜まっていましたww

そんなこんなで無痛分娩の恩恵をあまり受けられずデメリットばかりが目立っているように見える私の出産ですが、次に産めるならそれでも無痛分娩を選びます。

陣痛マックス状態からの無痛は幸せすぎました。
あの痛みから開放された瞬間は忘れられません。

今回の教訓は、出産のときくらい八方美人をやめてわがままになることです。
今回残念なことになったのは、スタッフの方が忙しそうだったので
・陣痛を我慢しすぎたこと
・麻酔に違和感があったのに申告しなかったこと
が、主な原因だと思っています。
※背骨の歪みがおそらく直接原因ですが、健康診断では指摘を受けない程度の極めて軽度の歪みなので、これくらいなら普通は難なく麻酔できているようです。しかし私が違和感を伝えられずに麻酔処置の不備の発覚が大変遅れました

ちなみに、私が尿意と戦ってるときにお隣で出産された方は、最後のいきむ前までは寝ていて、産む直前にスタッフの方に起こされていました。
う、羨ましすぎるー!

無痛分娩だからと全くお産に対する不安がなく、実際に入院に向かうときも遠足気分だったので、はじめから痛い頑張る!って気合入れてればもうちょっと違ったのでしょうか。
いや、痛いものは痛いですよね。

いのち

お久しぶりです。ハナです。

前の更新からだいぶ時間が空いてしまいましたが、この数ヶ月色々なことがありました。


前回の記事でお話しましたが、無事に第一子を出産いたしました。
そして、出産から程なくして父が他界いたしました。

数年前にとある病気が発覚してから、父は何度も手術や入退院を繰り返しておりました。
いわゆる不治の病と言われる病気であり、延命のための治療を行っていたのですが、亡くなる半年前まではすごく元気でした。
父はなくなる2ヶ月前に容態が悪化し入院したのですが、父の入院中に私は出産しました。
入院したところでもう打てる手は何もなく、入院中に父はどんどん痩せ細り、話すのもやっとといった状況になったと聞いています。

そんな父を見て母が病院ではなく最後の時間を家族で過ごし家で看取りたいと在宅看護を選び、私の出産後の退院と同じタイミングで父も退院し実家での生活が始まりました。

退院した父を家に迎え入れた日、すっかりやせ細った父を私は直視できず、父に悟られないように隠れてずっと泣いていました。
遠くない未来に別れがあることはわかってはいましたが、その覚悟は出来ていなかったのです。

退院直後の父は、一人でベットから出ることもできないし、顔の筋肉の衰えからか何を喋っているかも聞き取るのが困難でしたが、1週間ほどすると退院時よりも素人の私から見ると足取りも言葉もしっかりしてきたので、もしかしたら良くなっているのかもと甘い考えを抱いてしまいました。
その頃、私の子供をベットで抱っこしてもらいました。

しかし良くなっているなんてことはなく、その後すぐベットから動けなくなりました。
父が亡くなるその日、家で父のお見舞いと私の出産祝いということでちょっとした親戚の集まりの予定がありました。
私は朝からでかけており、昼過ぎに父の好物を買って帰宅。

多分その時の光景はずっと忘れられないと思います。
私が帰宅した本当に直前に父は眠るように息を引き取っていたのです。
詳細は書きませんが、偶然にも父のことを大好きな人達に囲まれながら父は旅立ちました。

少し時間がたった今でもまだ信じられません。
いつもの笑顔でひょっこり私の夫との住まいに顔を出してくれるんじゃないかと思ってしまいます。

周りの方に「孫の顔を見せられて良かったね」とよく声を掛けて頂きます。

花嫁姿を見せられてよかった
旅行に連れて行けてよかった
孫の顔を見せられてよかった

これらの良かったは、残された側の自己満足でしかないし、もっとこうすれば良かったと思うことはたくさんあります。

後悔は尽きないけど、これでよかったと思っていくしかない、そう考えています。


お父さん、お疲れ様でした

ブログをはじめて早三年

こんばんは、ハナです。

ブログをはじめて、気が付けば3年ほどたっていました。
最近は至って平穏な日常を過ごしているのですが、振り替えるといろんなことがあったな、としみじみします。

このブログは、三年前に当時の彼氏に浮気されてふられたことからはじまりました。
周りからはいまだに迷走していたと笑われるほどの怒濤の婚活をしていました。お見合いと婚活アプリでマッチングした人とのデート、合コンを繰り返す日々。
私が友人を婚活に巻き込んだせいかおかげか、私の周りは婚活で出会い結婚したカップルがなん組かいます 笑

結局は職場の同僚と結婚したので、あの婚活の日々が実を結んだのかはわかりません。
でも、婚活のお陰で知れた世界もあるし、出会えた人もいるし、何だかんだ楽しかったし、ホテルのお茶美味しかったし、お見合い写真は私にしては可愛くとってくれたし、今となればいい思い出だなぁと思ってます。
3年前は、たった3年後の自分が結婚しているなんて思ってなかったなぁ。

学生の時、バイト先の先輩が
『同じバイト先とか学校が一緒で付き合うのって視野狭くない?私はいやだな』
と言っていたことをふと思い出しました。
当時の私は、確かにもっと視野を広げて自分とはすれ違わないような人と付き合ってみたいな、と思ったのです。
でも、今はそうは思いません。
結婚だけじゃないけど、本当に人との出会いはご縁だなぁと心から思っています。
あのとき私がこの選択をしたから今の人間関係がある、ってなんだか素敵だなと。
夫と結婚したのも、私も夫もその会社に転職した、同じ部署に配属になった、同じプロジェクトを担当した、帰り道が同じ方向だった、飲み会にいつも参加していた、とか簡単にかいても色んな要因が重なってはじまったので、本当にご縁としか言いようがないなと思います。少しでも違う選択をしていたら違う結果だったなと思うと、全ての出会いはご縁ですね。

そして、少し前に妊娠がわかりまして、順調にいけばあと数ヵ月で出産予定です。
自分が母になる実感はまだまだわきませんが、無事に産まれてくれーと毎日思っています。

そんなわけで、3年なんてあっという間なようで平凡な私の人生ですら、自分のなかでは色んなことがありました。
今から三年後は何をしているんだろう...

結婚式の準備について

こんにちは、ハナです。

 

先日結婚式が無事終わりました!!

結婚式をあげたい願望のなかった私達夫婦ですが、終わってみてやってよかったなぁと思っています。

自分も楽しかったですが、何より両親が楽しんでくれていたのが嬉しかったです。

 

特にこだわりがなく、恥ずかしくない程度の式が出来れば良いと考えていた私達ですが、費用やせっかくやるなら良い式にしたいとの思いから結構こだわった式となりました 笑

 

夫と私はどこにお金をかけたいかの思考が本当に同じで助かりました。

式場でレンタルの場合、新婦ドレスは20万円からと言われていましたが、外部で購入やレンタルをした結果、お互い一回ずつお色直しをしても衣装代は4着で20万円を余裕で下回りました。なんなら10万円を少し出たくらいです 笑

それでも決して安っぽいなんてことはないですし、式場のラインナップよりお気に入りの1着が探せました。

おそらく式場でレンタルした場合より50万円くらい節約になりました。

 

招待状や席次表などのペーパーアイテムも外部発注にしましたが、式場に依頼するのとさほど手間は変わらないのに10万円弱の節約ができました。

 

その他にも、引き出物を宅配にしたおかげで持ち込み料がかからず、ゲストの荷物にもならず20%オフにできたし、ブーケも式場の1つの値段でお色直し用含むふたつのブーケと当日の髪飾り用のヘアパーツも買えました。

全部生花で揃えられたのでゲストからはお金かけてるねーと言われましたが、かけていません 笑

ブーケも依頼通りでヘアパーツはボリューム満点で本当に可愛いかったです。

 

そんな私たちがお金をかけたのは当日の料理と飲み物です。

料理は試食して自分たちが一番美味しいと思える料理を選んでコースを作ったためかなりグレードアップしました。

飲み物は、お金を式場に払ってもウェルカムドリンクでアルコールが出せないと言われたので、たくさんのクラフトビールや自分では買わない可愛くないお値段の瓶ジュースを手配したり、日頃は手がなかなか出ない値段の焼酎や日本酒も用意しました。

 

そんなこんなで費用トータルは式場にすべてお願いした場合と変わらないのかもしれませんが、お料理も飲み物も満足のいくラインナップにできましたし、はたから見ると節約感はなくむしろお金かけたね、頑張ったねと言われる式をあげることができました。

 

その他ウェルカムボードやプロフィールムービーなども手作りをしました。

両方とも手が込んだものを作ることができました。

 

といった感じでいろんなところへの手配が必要になったのですが、忙しく感じることもなく楽しんで準備ができました!

特に結婚式前の一週間は5日も飲みに行って二日前にはオールしてしまいました 笑 

夫も私もIT系でプロジェクトマネジメントをしたことがある(夫はだいたいPMしてます)ので、直前に焦ることなく無理のないスケジュールで完遂できました

結婚式の準備が大変とよく聴いてましたが、段取れば大変なこともなく、よく調べれば高品質のものが式場よりも大幅に安い値段で用意ができます。

色々な考え方がありますが、私は費用含めて納得のいく結婚式にできたので良かったです。

結婚式に向けてダイエット

こんにちは、ハナです。

 

タイトルの通り、結婚式に向けてダイエットをしています。

 

ちょうど2ヶ月前に始めて、2ヶ月で10キロの減量しました!!

10キロ落とせるってどれだけ太ってるんだって話ですが…笑

式までもう少し日があるので、あと5キロほど絞りたいなと思っている次第です。

 

■ダイエットのためにやっていること

糖質制限

    ほとんど、糖質制限のおかげで痩せたんだと思っています。

     炭水化物を極力抜く必要があるのですが、米よりビールを我慢する方がつらいです…が、最近はハイボールでもなんとか大丈夫になってきました。お酒自体は飲みまくってますw

 

・ジムで運動

     週に3、4日通っています。

     1日の運動内容は、

      →マシンで筋トレ 30から60分

          辛いんですが、今回は見た目重視なので引き締めたくて頑張ってます。筋肉痛があるときや2日続けてはやらないようにしたり、ネットで聞きかじった知識を元に進めています。

       →有酸素運動 60分くらい

           走ったり、クロストレーナーやったり、泳いだり、ジムのプログラム参加したり色々やって楽しんでます。

 

この2ヶ月、何度も飲み会行ってますし、食べ過ぎた日も多々ありましたが、他の日に頑張ったりで帳尻を合わせました。

人生初のジム通いをしていますが、やはり筋トレは大事だと痛感しています。

今より5キロくらい細かった時の体のサイズや写真を見ると、今の方がサイズ的にも見た目的にも細いのです。

 

ウエディングドレスのサイズも年末に試着した時はギリ13号だったんですが、9号になりました!

 

結婚式に向けてダイエットしなきゃなーと思ってはいたもののなかなかやる気が出なかった年末。

ウエディングドレスの試着に行って、自分の体に合うサイズのドレスが13号と聞いて、やる気が出ましたw

流石に13号はやばいなと。

 

そして更に、試着した時の後ろ姿。

肉があり過ぎて全く可愛くない背中を見てやる気が増えましたw

 

結局は式場でドレスは買わず、フリマアプリで中古のドレスを買ったのですが、13号かつ背が高い私の体型に合うドレスは選択肢が少なかったのもダイエットのやる気をあげるものになりました。

こんなデブな花嫁、そんなにいないんだな…と。

 

そんなこんなでこれからもダイエットに励もうと思います。

結婚式の準備をはじめる

こんばんは、ハナです。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

 

どうしようかと後回しにしていた結婚式ですが、両親からのプッシュもあり行うことにしました。

 

無事日取りも決まり、現在色々中身を決めているところです。

先輩方から伺っていたものの、全てが高くて感覚が麻痺してしまいそうです。

 

式場の方に、ドレスはレンタル1着20万円からです。と言われていたので、ウェディングドレスってこんな相場なのかと思っていたのですが、式場提携のショップにあまり好きなデザインがなかったので、他も調べてみました。

すると、もっと安くオーダー出来るところや、安くレンタル出来るところもたくさんありました。

もちろんあまりに安っぽいものを着るのは嫌ですが、式場の方の言うがままに決めるのではなく、色々比較の上決めたいなと思いました。

 

ドレスだけでなく、ペーパーアイテムも式場の半額以下で発注できる業者があったりで、お金を節約する代わりに多少の労力を増やすのを厭わない方は多少節約できるのではないかと。

 

式場を決める際に、はじめは仏滅であればこの値段でできますと仏滅の特別プライスを出していただいたのですが、最終的に仏滅でない良いと言われる日取りで仏滅の特別プライス以上の値引きをしていただいた金額で見積もり提示いただきました。

そんな値引かれると式場の定価なんて、あってないようなものだなぁと思っちゃいますよね。笑

 

今まで20以上の披露宴に参加したのですが、良い意味で記憶に残る式ってほぼないんですよね。

悪目立ちすぎるほどおかしな披露宴もなかったですし、どれもとっても素敵でした。と言う意味で鮮烈に記憶に残っている式はありません。

それはきっと招待してくださった方々が精一杯おもてなししてくださったからだと思うので、ゲストの方に直結する部分は頑張ろうと思います。

 

決めることはそれなりにありますが、自分達でやると決めてたし、来てくださる方には時間もお金もかけていただくことになるので、楽しみながら準備したいところです。

産休を取ることは非常識なのだろうか

こんばんは、ハナです。

まとまらない文章なんですが、最近産休育休と仕事について考えていました。

 

私はまだ妊娠しておりませんが、先日上司たち(部長と課長)がこんな話をしているのをきいてしまったのがきっかけです。

 

『隣の本部の〇〇さん、入社して5年くらい経つのに、産休と育休繰り返してるから、実質2年も働いてないんだよね。ちょっとありえない』

 

私の勤務先の部署は9割くらい男性ですが、会社としてはすごく女性の仕事復帰に力を入れてますし制度も手厚く、ほとんどの子供を産んだ女性は仕事復帰しています。

 

また、その部課長が働く女性に理解がないともこれまで思ったことがありませんでした。

同じ部署の仲の良い一児の母の先輩は、産休と育休を取り、復帰後も時短勤務や過残業になりがちな営業ではなくアシスタント業務をしていたりしました。

その先輩がいない席でも、特にその先輩や産休などについて悪く言うところは聞いたことがありません。

 

上の立場の人が、内心どう思っていようと与えられている権利について私のような第三者に聞こえる場所で、上記のような発言をするのは良くないと思います。

 

ただ、中途入社して数ヶ月で産休に入るのはどうなのかと思う気持ちもわかります。

自分が同じ立場なら、やはり少しでも会社に貢献してからじゃないと取れないなーとも思います。

 

ですが、子供は授かりものですし、周りを気にするあまり時期を逃してしまうかもしれません。

 

私が新入社員の頃、40歳くらいの二児の母の先輩社員に話を伺う機会がありました。

その方の話を今でも鮮明に覚えています。

『まだ新人で出産なんて考えてないと思うけど、キャリアを考えるなら早い内に産んだほうがいい。入社数年で産休に入ったらその時は周りに何か言われるかもしれない。でもそのあと復帰してバリバリ働けばそんな噂なくなるから。仕事が楽しくなってきて、責任も増える30歳以降で産休に入るよりずっと仕事へのインパクトは少ないし、体力的にも楽なはずだよ。』

 

その方は30歳過ぎに出産をしたことを後悔はしてないけど、周りの目を気にして子供を作らなかったからやり直せるならもっと若いうちにと思っていたようでした。

 

この議論ってきっと正解はなくて、周りとの関係性もあるし自分がどうしたいかなんだろうなと思います。

 

程度の違いはあれど、結局いつ産休育休をとろうが否定的な意見は出るだろうし、その後の頑張り次第で社内で信用を築いていくことはできるんだろうなと。

他の会社や業界はわかりませんが、きっとそういう状況にいる私は恵まれているんだと思います。

 

そういえば、一児の母の会社の先輩は、17時までの時短勤務をしていて、その後に来た依頼などはペアの女性が対応しています。

飲み会の時、ペアの女性に男性営業が

『時短勤務のフォロー大変じゃない?向こうが帰る間際に色々仕事振られるでしょ?』と酔って聞いたらしいのです。

すると女性も酔っていたみたいですが『定時間際に至急の依頼投げるだけ投げてしょっちゅう飲みにいって連絡がつかない営業さんに比べれば全くなんともないです』

のようなことを答えたという話が一時期社内で話題でした。

もちろん、この質問をした男性こそが女性の言う営業その人です。

 

いつも至急の依頼をしてくる人には、たまにイラっとしますが、いつも丁寧な余裕のある依頼をしてる方のたまの至急依頼なら快く対応できるし、産休育休問題も信用という根本的には同じことなんだろうなと、なんとなく個人的な結論が出たような出ないようなそんな現在です。

 

全くまとまってないですね…笑